トップ戻り値
平間病院グローバルメニュー
TOP 各施設紹介 平間病院総合案内 精密二次検診 健康診断 介護に困ったら
トップ > 求人情報
平間病院
求人情報

常勤医師

勤務施設 医療法人 光潤会 平間病院
区分 ケアミックス
所在地 〒304-0002 茨城県下妻市江2051番地 (地図はこちら)
電話番号 0296-43-5100 (代表)
ホームページ http://www.hirama-byouin.or.jp/
病院の特色  当院は、小規模ながら、筑波大学、獨協医科大学、自治医科大学の大きな支援を 得て、多くの専門外来を有しています。さらに外科系急性期病院として県の輪番制救急二次病院の指定を受け、地域医療の二次病院に必要な高度機能を備えるとともに、禁煙サポート、 健康診断など予防医学にも努力を注いでいます。
 敷地内に「老健」・「グループホーム」・「特養」の三つの施設を 抱えており、医療と福祉がきめ細かに連携して運営されています。

お問い合わせ先

担当者名 浅利 泰弘 (アサリ ヤスヒロ)
部署・役職名 事務部長
電話番号 0296-43-5100
mail office@hirama-byouin.or.jp
連絡コメント 患者さんとのコミュニケーションを大切にできる方、
チームワークを大切にできる方をお待ちしております。
お気軽にお問合せ下さい。

病院詳細情報

診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、糖尿病内科、内分泌内科、外科、肛門外科、整形外科、脳神経外科、内視鏡外科、皮膚科、泌尿器科
総病床数 75床 (一般病棟:37床 療養病棟:38床)
勤務医師数 常勤:5人 非常勤:16人
総従業員数
(一般病棟入院基本料)
126人(急性期一般入院料5)
外来数 160/日
手術件数
設立日 1995年 11月
院長名 平間 敬文 (ヒラマ タカブミ)
院長出身大学 日本医科大学
学会認定指導施設
臨床研修病院の指定 無し
医療設備 CT,MRI、マンモグラフィー、エコー、内視鏡、高気圧酸素治療室、その他
関連施設 介護老人保健施設ルーエしもつま、グループホームゆうらく、社会福祉法人仁済会ラポールしもつま

看護師

正看護師・准看護師

看護師
給与 経験を考慮し当院規定により優遇
休日 4週8休、他祝日・夏季・年末年始・有給休暇
待遇 昇給年1回、賞与年2回、各種保険完備、託児所あり、交通費支給

理学療法士 若干名

作業療法士
給与 経験を考慮し当院規定により優遇
休日 土曜午後、日曜、祝日、その他公休1日/月、夏季、年末年始、特別休暇、有給休暇
待遇 昇給年1回、賞与年2回、各種保険完備、託児所あり、交通費支給

あん摩マッサージ指圧師  1名(パート可)

あん摩マッサージ指圧師
給与 経験を考慮し当院規定により優遇
休日 土曜午後、日曜、祝日、その他公休1日/月、夏季、年末年始、特別休暇、有給休暇
待遇 昇給年1回、賞与年2回、各種保険完備、託児所あり、交通費支給

看護奨学生

 看護奨学生とは

平間病院では、看護専門学校等卒業後、当院で看護師として勤務する意志のある学生を対象に奨学金制度を設けています。
 この制度は、看護学生のみなさんが、生活のためにアルバイト等で貴重な時間を費やすことなく、少しでも勉学に集中できるようお手伝いすることを目的としています。

 平間病院奨学金制度について

【応募資格】
1.看護師養成機関に在学中の者、または入学が決定した者
2.卒業後、資格取得のうえ当院に就職する意思のある者
3.学年を問わず、いつからでも受けることができます。

【貸与金額】
月額50,000円

【返済免除】
資格取得後、奨学金貸与期間に相当する期間を当院において看護業務に従事した
場合は、全額免除されます。
卒業後の給与は通常の職員と同じで不利益などはありませんので、ご安心ください。

 

働きながらの通学も可能です。
ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。

 平成30年度看護奨学生状況
看護奨学生状況
宇都宮医師会看護専門学校 1名
 ―働きながら資格が取れます―

准看護師を目指す方を応援します。
働きながら准看護師の資格を取りませんか?
社会人経験者も歓迎します。
奨学金(入学金・授業料等)制度あり

 ※平成31年度 入学予定者 受付中。
 詳しくはお問い合わせください。
 

応募方法

履歴書(写真貼付)郵送ください。追って連絡いたします。

お問い合わせ

お電話またはメールにて下記までお問い合わせください。

医療法人光潤会 平間病院       担当: 浅利
住所:〒304-0002  茨城県下妻市江2051番地      電話:0296-43-5100
e-mail:office@hirama-byouin.or.jp
フッダ
copyright c2007 Kojunkai Medical Foundation/Hirama Hospital. All right reserved.